和アロマの特徴

香りの特徴

・日本人に高い効果が期待出来る

日本の植物から抽出された香りは私たちにとって馴染みの深い香りが多く存在します。

和菓子に付いている楊枝としてポピュラーな植物であるクロモジや

日本の代表的な香辛料でもあるサンショウなど古くから私たちの生活と

関わりのある植物から香りが生まれています。

親しみある香りが多い和のアロマは日本人の心に響き、心身に作用をもたらす香りが多いと言われています。

・香りによる地域活性化

和のアロマだからこそ実現出来ることがあります。

地域の特産品から香気成分を抽出し、香りアイテムを販売するなど

「香り」を用いることにより地域資源の活性化に繋げることが可能になります。

新たな特産品を生み出すことにより、地域のPRにもなりますし、

資源を流動的に活用する手段にもなります。

「香りで地域活性化」へのお問合せはこちら

 

 

 

六次産業

今、農業の第六次産業として「香り」が注目を集めています。

農業と言うと口にするものを連想されますが、植物から抽出される香りも農業と深い関連を持ちます。

地域特産の植物や果実を香りとして加工することで、新しい特産品が誕生します。

地域資源を香りに加工することにより、新たな販路が生まれ、農産物の消費に貢献します。

香りにより農業を多角化し、日本の強い農業を作るための要素として注目されています。

また、規格外品の有効活用としても香りが期待されています。

今まで捨てていた部分を加工することにより無駄をなくすことにも繋がります。

六次産業を成功させるカギは加工とも言われています。

農産物を香りに加工することにより、農業の活性化が期待されます。

※第六次産業

第一次産業に関わる農林水産業者が、

第二次産業の加工、第三次産業の流通・販売にも一貫して取り組むことを言います。

一、二、三を足しても掛けても六になることから第六次産業と呼ばれています。

 

「香りで地域活性化」へのお問合せはこちら